So-net無料ブログ作成
前の3件 | -

睡眠時無呼吸症候群といびきの関連性について [便利グッズ?紹介]

【睡眠時無呼吸症候群といびきの関連性について】

若い頃から睡眠時無呼吸症候群(SAS)もちで呼吸停止が起きていると言われていましたが、どうしようもない眠気等が出るのはアレルギー性鼻炎が酷い時期だけでしたので余り気にしていなかったのですが、加齢と共にアレルギー性鼻炎は軽くなったもののほぼ年中になってしまいました。

その結果・・・

・ 就寝後3時間以降何度も目が醒める様になった
・ 3時以降に目が醒めるとそれ以降眠りが浅く何度も目が醒める。
・ 結果夜間頻尿(1~2回)状態。
・ 朝食後暫くするとどうしようもない眠気が襲ってくる日が増えた。

といった状況になった為、どうにかしてこの状態の改善を図って来ました。

《 実情を知る 》

・ いびきの実態を把握する

1. ICレコーダーで就寝時間帯の録音を採る。
 - いびきのレベル、かきかた、時間帯の把握
 - 呼吸停止状態の観察
2. Tablet/iPhone のアプリによる睡眠時間と睡眠品質の評価
 - 睡眠評価アプリ「Sleep Meister」、「Sleep」を就寝中に稼働させる。
 - いびき評価アプリ「いびきラボ」を就寝中に稼働させる。

以上のほかいびき軽減グッズやSAS対策グッズを試してきましたがいずれも効果なし。

- 口呼吸防止用の唇に貼るテープ類
- 顎のズレ/後退を防ぐバンド(口が開くのを抑える)
- 鼻孔拡張グッズ
- アレルギー性鼻炎/慢性上咽頭炎対策の鼻洗グッズ etc

《「いびきラボ」のスコアと酸素飽和度低下指数(ODI)との関連性》

いびきラボ・スコア  ODI  
13 9.7
1511.3
26 8.7
16 9.3
18 9.5
 3 7.5
20 9.0
32 9.7
2511.0
11 7.2
3210.3
13 8.0
16 9.9
1410.1
24 4.3
37 5.8
14 9.9
 8 5.6
1410.4
21 2.7
33 6.1


20191010_Snore&ODI_comp.jpg「いびきラボ」のスコアとODIの相関性があるものかと思いましたが、上記の数値をグラフ化して分かり易くしてみましたがまったく相関性は見当たりません。

「いびきラボ」はいびきの音圧レベルとかいている時間をベースとしたスコアを出すに過ぎませんので、やはりSASとの相関性を見る要素は含まれないといって良く、現状の機能ではいびき軽減対策用具の効果確認ツールの範囲に止まっています。

これを一歩進めて、いびきの波形評価や停止時間、連続回数、総回数等が拾われる様になればODI相当になるでしょうから録音をしている事を考えるとちょっと勿体ないですね。

SASやCOPDの疑いを抱いている方はこの種のアプリで見るのではなく、管理医療機器認証番号を持つ連続計測が可能なパルスオキシメータを購入する事をお奨めします。
スマートブレスレットにも血圧、心拍、血中酸素濃度を24時間計測出来るものが出始めましたが、これらはまだ1~2点/時間レベルのものです。 今回リング O2を評価して見て多点/フルオート連続計測でなければ意味がない事を痛感しました。
血圧にしても5~8回連続して計測してみると大きい時には上は30以上振れる事があります。 PCやテレビ等やちょっと別の事に意識を集中したりすると覿面大きく変動しますので・・・

連続計測が可能な機器は皆結構高価ですが、リング O2は現状2万円程度で入手可能ですのでお奨めです。
アプリも分かり易く以下の項目を蓄積していますし、画面をキャプチャして編集すれば結構利用価値があるデータが残せます。

・ 平均SpO2(経皮的動脈血酸素飽和度)
・ 最低SpO2
・ 平均脈拍
・ <90%時間(SpO2が90%以下になった時間)
・ 低下回数(ベースから3%以上SpO2が低下した回数)
・ 低下頻度(ODI:時間当たりの最大低下回数)

プロットの時間軸拡張機能とクロスカーソルを使えば、ある1点のSpO2と時間が分かりますので、2点を見れば大体の呼吸停止時間が分かります。

20191006_RingO2_SAS_Breath3.jpg 左図は始点・終点の画面のキャプチャー合成は今迄で一番長い呼吸停止です(^^;) この製品ならばこれらが個人レベルで確認出来ますが、一般的な手指式ではこんな精度のデータを得る事が出来ません。 これよりも高額な製品でもこういったアプリがないものでは単なる数値しか得られません。 私の場合は、ODIの数値的には軽度の中でも真ん中位ですが、どうも呼吸停止時間と最低SpO2には相関はない様で、同じ最低SpO2でもその停止時間の長さがまったく違う事があり、日によって睡眠時間やこれらの単独数値では悪くはないのに眠気が強く出るといったケースがあります。
20190905_RingO2_SAS_Part.jpg それと同じODIでも呼吸停止時間が長い物が連続するといったケースもあるので、リスク判断をするにはSpO2の波形変化、停止時間、心拍変動を組み合わせて見る必要がある様です。 SpO2の変化が大きくなると心拍も急激に変化繰り返しますので、やはり心臓への負担も増えるのは明らかですが、この辺りが見える形で出てきます。 まぁ、だからと言って手の打ち様がある訳ではありませんが・・・

《 Amazon リングO2 ページ》





共通テーマ:日記・雑感

10月度 Windows Update と iOS 13 のトラブル [睡夢庵の電脳環境]

【 10月度 Windows Update と iOS 13 のトラブル】

【2019/10/09 14:20 Windows Update が又・・・(--メ) 】

2019/10/04 Windows8.1 KB4524156   Windows10  KB4524147
2019/10/09       KB4521864         KB4517389

Windows8.1 の 10/09 分はサービススタックの更新となっていますが、とてもそれだけとは思えない位時間が・・・
Windows10 は“マンスリー”という言葉さえ外していますので、

と立て続けに更新が掛かりましたが、事エクスプローラに関する限り、9月度の最初の更新結果から大きく後退しています。
この時は初めて? Mac/Windows10 共に双方に表示されていましたが、ディリーのアンダーグラウンドが始まった途端にまたグズグズ・・・

10/04 時点         10/09
Windows8.1
Mac/Windows10 表示されず  同左
自端末IP ;;;1       再起動時は同じで一度再起動で127.0.0.1に

Windows10
Mac を表示せず       同左

携帯電話や複合機をゴチャゴチャ出さなくていいから、Windows/Mac 共にネットワークに繋がっている端末をチャンと出せ! ですね。

----------------------------------------------------------------------

《 Windows Update 》

Windows10 では月度の更新が自動以外選択出来なくなったのが非常に鬱陶しいですね。
シャットダウンを選択してすぐに席を外したいのにメインの電源が落とせないのでイライラ。
起動の時もそうですね。 急いでいるのにチンタラチンタラ輪っかが回って・・・

その点Windows8.1 は起動時の黄色いコメントアウト表示だけですので・・・
その代わり更新プログラムの検索とダウンロードにべら棒に時間が掛かってイライラさせられる事もありますが、この方が前後への影響がなくてわたしには合っています。

Windows の異常に関してはもうネットワークの端末表示しか見ていませんが・・・

先月:

Windows8.1 --- 更新当日は2度目に手動で再起動後は 8.1/10/Mac
        全てを正しく表示していたが、翌日朝一番から元に戻り 8.1
        以外を表示しなくなった。
Windows10 --- 8.1/10/Mac 全てを表示していた。
        こちらはほぼ全日正常に表示していた。

今月: 2019/10/04

Windows8.1 --- 更新当日は2度目に手動で再起動後は 8.1/10 は表示するが
        Macはダメ。 SmartPhone の Android は表示するが Tablet
        は表示しない。 iPhone も同様。 改善なし。
        Mac は表示していない。 また、自身のIPアドレスを ,,,1
        と返している(正しくは 127.0.0.1 のはず)
Windows10 --- Windows8.1 に同じ。 従来は同じになる事はほぼなかった
        のでその意味では進歩か。

《 iOS 13 の致命的トラブルについて 》

【 注意!! iOS13.1.2 Sleep 状態で異常発熱発生 】

ついに Apple も Microsoft と同類になった様です。 あ、Microsoft の方が未だましか、今のところバッテリーを含む本体の異常発熱は発生していませんから。 13.1.1 でせっかく落ち着いていたのに 13.1.2 にアップデートした途端再発です。
これは最初からおかしかった。 ライトモードに設定していたのに更新が終わった途端にダークモードに切り替わっていましたし、Wi-Fi/Bluetooth の初期接続が鈍くウィジェットの表示が出る迄に時間が掛り過ぎるなど・・・
で、異常発生後再起動したら更新直後の状態に戻って、ダークモードになっている。(--メ)
それともう一つ気になっているのは、通知やバックグラウンドからの割込みが掛った後の動作がおかしくなり、フォアに戻らなかったり、画面が出たままになっていたりという現象がある事・・・
インターフェースやデバイス絡みに異常がある様では評価に耐えません。 また、発熱する様では夜間の充電や血圧/心拍/睡眠などの計測アプリも怖くて動かせなくなりました。 頭の傍に置いていますので爆発でもされたら命に関わり兼ねない。

(注記)

・ Bluetooth 接続は2つのデバイスを常時接続で使っている。
・ Wi-Fi は 430Mbps で ウィジェット5本から定期的に参照が発生する。
・ 外部からの通知は5本、内部通知は2本

バッテリーの消費状況や止まっていた時の状況をみると以下の様な推移か?

この状態で Sleep 状態(画面消灯)でスタンドに立てかけた状態にあった。 部屋に帰り持ってビックリ。

発生したのはほんの僅か前の様だが、H-Band/WearHeart の Bluetooth 接続が切れて再接続をリトライし続けた為と思われる。 フォアに戻した際、双方とも再接続不能になっており、一度スイッチで Bluetooth を切断してやると H-Band は接続が可能となったが、WearHeart は iOS を再起動しなければ駄目だった。

この状況から席を外した際、データ取り込みの際にデバイスに接続出来なかった為通信のシーケンスが狂ってしまい、再接続を試み続けたがこの過程で通信シーケンスが狂い暴走した。 この為、一度ドライバーの論理的リセットや回路の物理的リセットをしなければ正常に動作しないという状況に陥っていたと考えられる。

①2019/10/04 就寝時前日再起動を繰り返すも異常発熱が再発する為電源を
       切って就寝。
②2019/10/05 起床後電源を投入すると iOS 起動途中で強制シャットダウン
       起動直後のトップラインの表示は 94% ここで Wi-Fi は未接続
       Docomo のゲージ表示の開始状態でなかなか繋がらず最終的に
       ドンと落ちた。
③- 再起動 起動は出来たが容量表示は 94% が 11% に落ちていた。
④- 再充電 モバイルバッテリーから充電  えらく早く満充電になる。
 - 再確認 ・ 「最適化されたバッテリー充電」をオンにしているか。
       ・ 通知類の設定       ほとんどをオフにしている。
       ・ ウィジェット類の設定
 - アプリ ・ 朝の定常処理
       ・ H-Band データ同期
       ・ WearHeart データ同期と心電図取得
       ・ Ring O2 データ取り込み
       ・ 血圧ノート 朝のデータ記入
       ・ いびきラボ/Sleep Meister は就寝中電源を落としていた
         ので未実行
       ・ dmenu で数ページ参照
       ・ 設定でバッテリーの状態を確認
         停止から一気に20%以下になっていた
         また、約40分で満充電になっていた
 - アプリ更新実行  App Store に複数の更新あり⇒実施
       ・ YouTube
       ・ いびきラボ
       ・ 日経新聞 電子版
       ・ Google 翻訳

★ ここまでの過程で感じた異常

iOS 13.1/1.1 では「最適化されたバッテリー充電」をオンにしていると
異常発熱を起こす事があったので、これをオフにしていた。
オフの状態ではバッテリー消耗の速度も iOS 12 に近い所に戻った。

が、iOS 13.1.2 では逆にこの状態で異常発熱が発生した。
で、就寝前にオンに戻し、iOS をシャットダウンしておいた。

- Wi-Fi の接続先が勝手に接続したルータ以外や2.4Gのチャネルに
  切り替わる。
- Wi-Fi 接続に時間が掛かる?
- ホームネットワークのスキャン1回で1%以上消耗する。
- LTE にスムーズに繋がらない上異常に電流が流れたか
  システムがシャットダウンした。
- シャットダウン後の充電時間が異様に短い。
- バッテリー消耗が異常に早い。

起床 5:50 ~ 9:40 迄の感じた異常は以上の通りでバッテリーはこの時点で 58% 迄ダウンしている。
この後、接続済の Bluetooth アクセスは2デバイス2回の同期と心電図計測では全く動かなかった。
で、最終的に 13:00 に 18% 迄ダウン。 7時間10分しかもっていない。

20191003_iOS13-Battery-6.jpg
上図は 10/04 の異常動作の前から 10/05 朝 20% 以下に落ちた後補助バッテリーからの充電で 100% に達する迄のバッテリー容量の変化を「設定」-「バッテリー」で表示したもの。

・ 従来に比べ異様にダルな立ち上がりを見せる。
  この時のインジケータと設定で見るレベルが合っていない。
・ その後暫くすると一気に 100% になっている。
・ この時の温度は同じ場所で 32.8℃
・ その後Sleepにして15分経過後 30.8℃

《 最終検証 》

今回の検証は

☆ ウィジェットの利用を止めてみる。
・ Wi-Fi 接続時の消耗が大きいので外部接続があるウィジェットを止める。
・ アプリが用意するウィジェットと接続先の安定度が怪しいのでこれに
  よる暴走リスクをなくす。
☆ 通知を可能な限り止めてみる。
・ システムに対するアプリからの割り込みを減らす。
・ 通知の競合等によるアプリ動作異常の可能性を少なくする。

以上の処置による結果を見る。

1.5000mAh の 補助バッテリーに接続し充電しながら使用する。
2.補助バッテリーのLEDが消えても気付く迄接続したままにする。(夜間)
3.本体バッテリーで警告が出る迄使用する。

設定の変更点は以下の通り。

・ 「最適化されたバッテリー充電」を“オン”(初期状態)に変える。
・ 8個のウィジェットを削除し、タイマー割込みによる外部ネットワーク
  への接続をなくす。
  - カレンダー
  - Air Matters
  - 天気予報
  - バッテリー
  - OCNモバイルONE
  - フリーWi-Fi
  - Google ルート案内
  - ショートカット
・ 通知は以下以外はすべてオフにする。
  - App Store    バッジのみ
  - Gmail      バッジ、バナー
  - Maps Me     バッジ、バナー
  - OCN モバイル ONE  バッジ、バナー、サウンド
  - Free WiFi    バッジ、バナー
  - ゆれくる    バッジ、バナー
  - リマインダー  バッジ、バナー、サウンド
  - 探す      バッジ、バナー、サウンド
  - 電話      バッジ、バナー、サウンド
  - 歩数計     バッジ、バナー
  - 防災速報    バッジ、バナー、サウンド
☆ 画面と明るさ
  - ライトモード
  - 明るさ約1/3に設定・ナイトシフト=オフ、これ以外はすべてオフ
☆ 壁紙   画面サイズの黒の画像を表示

  ☆印は従来のままにしたところ

2019/10/05 13:00 補助バッテリーを使用して評価開始
2019/10/07 13:00 1個目のLED点滅中        48時間経過
2019/10/07 19:00 同上                54時間経過
2019/10/07 20:12 補助バッテリーシャットダウン    55時間12分
2019/10/08 05:50 本体バッテリーで動作         9時間38分
20191003_iOS13-Battery-7.jpg
上図は 2019/10/05 13:00 から本体バッテリーの容量不足警告が出る迄の状態変化です。
今回の値を見ると逆に消費が落ちているとみるべきかとも思いますが、やはりフォア/バックグラウンド・タスクでもなく陰で動いているウィジェットが寧ろ表で使うパワー以上を消耗させているのではないかという所なのではないでしょうか。 何しろ伸びが異常に大きい(^^;)

・ iOS 12 平均48時間57分、iOS 13.0 平均35時間に対し、
  55時間12分持っている。
  iOS 12 に対し 12.7% 、57.7% の向上という・・・眉に唾するですね(^^)
・ 本体バッテリーでの消耗状態で見ると夜間を含め何とか10時間もって
  いるものの操作開始後の消費をみると昼間では4時間がやっとという
  所までバッテリーが減ったっている様だ。
・ 補助バッテリー駆動中にドロップが出ているので、一気にパワーを喰う
  プロセスが動いている様だ。 回復に20分以上掛かっているので
  一気に10%位喰っている様だ。

ウィジェットは今回すべて削除しましたが、通知に関しては初手からほとんど変わっていません。
これからやはり Wi-Fi 接続の初期化にパワーを喰い過ぎるという事でしょう。 それにウィジェットの中には輪っかが回ったままなかなか応答がなかったり、落ちていたりしているみたいですので、このリトライでバッテリーを消費しているのでしょう。

今回の検証過程で感じた事は

・ iOS 12 の際にも感じたが更新完了後の自動起動ではiOSの全体が
  最新状態になっていないのではないか?
  3度目以降で安定する様に感じた。(Windows と同じか?)
・ 本体が全く熱を持たない。(ライズは2℃程度で安定していた)
・ アプリの起動応答が依然よりスムーズに感じる。

以上からの注意事項

1. 更新が終わり再起動してもそのまま使わず、一度電源を落として
  再度起動しなおしてから使い始める。
2. 「ウィジェット」は必要最小限にする。 インターネットに接続する
  ウィジェットは出来れば使わない方が良い。
3. 可能な限り余分な機能は使わない。 特に自動的にネット接続をする
  ものや Bluetooth を使う物は避ける。
4. 「通知」は必要最小限に絞り込む。

尚、iPhone 6s の内蔵バッテリーが 78% になると下の図程度しかもたなくなります。
20191003_iOS13-Battery-8.jpg


共通テーマ:日記・雑感

iPhone 6s 本体バッテリー寿命が尽きた? [睡夢庵の電脳環境]

【 iPhone 6s 本体バッテリー寿命が尽きた? 】

【 注意!! iOS13.1.2 Sleep 状態で異常発熱発生 】

ついに Apple も Microsoft と同類になった様です。 あ、Microsoft の方が未だましか、今のところバッテリーを含む本体の異常発熱は発生していませんから。 13.1.1 でせっかく落ち着いていたのに 13.1.2 にアップデートした途端再発です。
これは最初からおかしかった。 ライトモードに設定していたのに更新が終わった途端にダークモードに切り替わっていましたし、Wi-Fi/Bluetooth の初期接続が鈍くウィジェットの表示が出る迄に時間が掛り過ぎるなど・・・
で、異常発生後再起動したら更新直後の状態に戻って、ダークモードになっている。(--メ)
それともう一つ気になっているのは、通知やバックグラウンドからの割込みが掛った後の動作がおかしくなり、フォアに戻らなかったり、画面が出たままになっていたりという現象がある事・・・
インターフェースやデバイス絡みに異常がある様では評価に耐えません。 また、発熱する様では夜間の充電や血圧/心拍/睡眠などの計測アプリも怖くて動かせなくなりました。 頭の傍に置いていますので爆発でもされたら命に関わり兼ねない。

----------------------------------------------------------------------

iPhone 6s の中古品を購入しましたが、バッテリー容量80%を保証という言葉に釣られましたね~

Apple 自身のバッテリー寿命設定が80%とは露知らず・・・現在は78%になったからか出てはいませんが、「設定」の「バッテリー」の最大容量が80%を切った時?だったかバッテリー交換を促すメッセージが出て吃驚。

ネットで調べてみるとAppleCare+に入っていると、修理の際バッテリーが80%未満に劣化している場合には交換する様です。
逆に言えばすぐに要交換になってしまい、クレームに繋がり兼ねないから交換しているという事。

手持ちのNoteBookは何れも寿命を延ばす為に通常は充電上限を80%迄として使う様になっていますので、この値が劣化交換のポイントというのはちょっと考えられません。

で、最近持ちが悪くなった様に感じてチェックしてみたら、iOS が返すバッテリー容量は78%なのですが、動作可能時間は悪くすると初期の1/3位しかもたなくなってしまいました。 ひょっとして見かけ上の寿命を長くする為、初期電圧降下で見ているすればこのパーセンテージでは実効容量は半分以下になっていますのでこういう状況になってしまう事が考えられますが・・・

4カ月で2%のダウンなのですが、ここ2週間の検証結果では実効60%以上の劣化を示していますので、この点でもAppleのPower Managementの考え方は異常です。
20191003_iOS13-Battery-4.jpg
上の図は iOS 13.1.1 での本体バッテリー動作時間検証結果です。

当初夜間のいびきと睡眠状態チェックでこれもバックでしか動きませんので12時間位は持つだろうと思って補助バッテリーが切れた処から朝迄本体バッテリーで様子を見ようとしたのですが、その後チョコっと使っただけなのに急激に・・・で慌てて他のモバイルバッテリーでこれ位あれば何とか迄充電して結果です。

20191003_iOS13-Battery-5.jpg左は 7/23 の夜間の状態ですが、ここでは14時間もっています。

補助バッテリーでの動作時間に関しては、iOS 12 と 13 には僅かな差しかありませんので、今回の結果はバッテリーの問題という事になります。

しかし、78%の容量で正規の1/3に劣化してしまうというのは明らかにバッテリーマネージメントの考え方がおかしいですね。

リチウムバッテリーの寿命延長の方策の第1が通常使用時は20~80%充電の状態で使う事が推奨され、満充電を80%でマネージメントしますが、iOS はどうも違う様です。

どうせ1~2年で買い替えるのだから、実効40%を80%にしても・・・てな考えなのでしょうかね。
ネット上の修理会社のサイトなどを見てみても iPhone 5 で3年前後、iPhone6/6s 以降は2年前後には交換になっていると記載しています。

やっぱりアメリカの会社ですね~。 毎年新製品を出し、その製品寿命も徐々に短くして行き買い替えざるをおえなくして金を毟り取る(--メ)。
製品の性能としては十分使えるにも関わらず、使えなくしてしまう訳ですから詐欺行為に等しい。
他の製品で2~3年でほぼ100%その主要構成部品が壊れて使い物にならなくなるなんていったらリコールですよ。

一般的な商品でもそうですが、アメリカ/中国が関わる製品はこういう形ででも市場を獲った方が勝ちですから目新しい物は多いですが、長く使える物は本当に少ないですね。 すぐに何某かの不具合が出てくる。

この傾向はタブレット/パームトップ/ノートブック形態のPCジャンルでも同様ですね。

私がノートブックに Panasonic の MX3 を選んだ理由の第1条件がこれでした。 これ、既に5年を経過していますが、Windows10 へのアップデートを見送ったせいもあるでしょうが未だ十分使えています。
それにACアダプター常時接続で使っていますが、現状内蔵 75.3% 11,450mAh/外装 86.8% 28,490mAh で、未だ当初のバッテリーのままで使えます。 それに予備も1つ買っておきましたので、延長サポート期限の 2023年1月11日 を過ぎても現役で使えるでしょう(^^)


共通テーマ:日記・雑感
前の3件 | -