SSブログ
前の3件 | -

Windows 10 21H1/8.1 2021-09 月度定期更新 /iOS 14.8 リリース [睡夢庵の電脳環境]

【 Windows 10 21H1/8.1 2021-09 月度定期更新 /iOS 14.8 リリース 】

2021/09/15 9月度の更新が掛かりました。 私の Windows 10 マシンに対してやっと 21H1 がリリースされました。 これで Windows 10 のサポートが来年で切れる心配はなくなりました。 (^^;)
が、設定の Windows Update には「Qに入っている更新を実行後 21H1 のインストールを行う」と表示されていたのですがこれをインストールするとした所、ダウンロードされていた KB5005565 という8月度の追加更新と悪意のあるソフトウェアの削除ツールを無視して 21H1 のインストールが開始されました。 このインストールが完了しても前の2つは継続して自動実行されませんでした。
で、再起動後更新内容を見てみると悪意のあるソフトウェアの削除ツールは待ちの状態のままになっており、手動で実行せねばなりませんでした。

更新結果に関しては自身で設定した内容がリセットされていないかおいおいチェックしていきますが、Adaptec の SCSI カードとこれに接続した EPSON ES-6000H が動作したのでまずは胸を撫で下ろしています。 

《 定期更新内容 》

--- Windows 10 ---

・       Windows 10、バージョン 21H1 機能更新プログラム

・ KB890830  悪意のあるソフトウェアの削除ツール x64 - v5.93

-- Windows 8.1 ---

・ KB890830  悪意のあるソフトウェアの削除ツール x64 - v5.93

・ KB5005613  2021-09 x64 ベース システム用 Windows 8.1 向け
          セキュリティ マンスリー品質ロールアップ

今月もエクスプローラも問題がなさそうです。
10/8.1 双方 Windows10/Mac 双方がちゃんと出てきます。
ただ、Windows10/8.1 双方とも Android OS の携帯電話やTABLET/TV が確実に表示される様です。

----------------------------------------------------------------------

【 iOS 14.8 リリース 】

2021/09/14 iOS 14.8 がリリースされました。

サイズ    298.2MB
ダウンロード開始   20:29
ダウンロード完了   20:50
インストール完了   21:00
再起動        21:06

Wi-Fi の起動には OS 起動完了後 25 秒かかる点は改善されておらず。
夜間アイドル状態での電力消費は 14.7 と変化はないみたいで、安定している。
アプリ起動状態での消費は未確認。

《 2021/09/17 iOS 14.8 バグ再発 》

起動時の Wi-Fi がレディになる迄の時間が長いのは前バージョンから変わらずですが、アプリケーション実行時に ステータスバーに出る Wi-Fi アイコンが消えるという現象(バグ)が再発しています。 これは再起動しない限り直らないみたいです。
起動直後は問題はないのですが、今のところどのタイミングでダメになるのかは分からず・・・ただ、従来より早いタイミングでアイコンが消えてしまうみたいです。

以前から問題にしていたバッテリー消費に関しては、アイドル時の消費に関しては iOS 12 ~ 13 での最良時と同様アプリをすべて終了させておけば殆ど消費しないレベルに改善されています。 音量監視を伴う「いびきラボ」を単独で起動しておいた場合の消費は微妙なレベル、「いびきラボ」、「Sleep Meister」双方を起動するという以前の就寝時の睡眠状態監視の場合はやはり iOS 12 ~ 13 の最良状態には程遠い消費状態です。

これに関して Youtube 上ではアプリは終了させない方がバッテリーを消費しないといった事がまことしやかに語られていますが、これは嘘ですね。

終了させずにフォアグラウンドで別のアプリを動かす若しくはスリープ状態にしても、その時バックグランドにあるアプリは決して動いていない訳ではありません。
多くのプログラムは入力やネットワーク、タイマーからの割り込みを待っていたり、センサー類の状態変化を監視していまし、システム自体もメモリーのマッピング監視やプログラムの状態監視をしていますし、多くのアプリでは何らかの割り込み監視プロセスが組み込まれていますので何某かの電力を消費します。

プログラムのローディングの際にバッテリーを消費するといいますが、ICメモリーでの消費はHDDの時代とは比べ物にならない位少ないのでCPUやGPUの動作を最小限にする方がバッテリーの持ち時間を伸ばす方法になります。

現状この消耗を確認するにはいつも使う複数のアプリを起動したままで放置し、1時間位経過した後で設定からバッテリーを立ち上げてみれば状態を把握する事が出来ます。
該当の時間枠を選択してアクティビティを表示した時にバッテリー使用状況に「バックグラウンド処理」と表示されていれば、そのアプリはバックグラウンドでも動作を続けバッテリーを消費する事を示します。

この種のアプリが動作している時はステータスバーが「赤」に変わっていますので、その状態では変わらずバッテリーを消費する事を示します。
下右図は「バックグラウンド処理」ではないアプリを4本起動したまま「ホーム画面」で画面を消した状態での消費状況ですが、黒マーク部分(起動アプリがない時)と比べると傾斜が大きく明らかにバッテリーを消費していることがわかります。

一般的な使用状況ではこのタイプのアプリが多いので、アプリを終了させない方がバッテリー消費が少ないと勘違いされている方が多いのでしょう。
ただ、少し水色のバーが出ていても「バックグラウンド処理」が表示されないアプリもある?様な気がします。
20210917_BackgroundApp.jpg 20210917_NoLoadApp.jpg
睡眠監視アプリをバックで実行 一般的なアプリを実行


----------------------------------------------------------------------

【 新型コロナウイルスの変異株一覧 (WHO分類 2021/09/02 現在) 】

懸念される変異株(VOC)感染力が強まったりワクチンの効果が弱まるもの

                    解析感染患者数
  WHO 名称   初発月  初発国    国内  検疫 Pango系統名称
・ アルファ型  2020/08 イギリス   44,557  336 B.1.1.7
・ ベータ型   2020/05 南アフリカ    24   92 B.1.351/.2/.3
・ ガンマ型   2020/11 ブラジル     94   28 P.1/.1/.2
・ デルタ型   2020/10 インド    15,663  711 B.1.617.2

注目すべき変異株(VOI)複数の国や地域でクラスターの発生が認められるもの

・ イータ型   2020/12 複数の国で       18 B.1.525
・ イオタ型   2020/11 アメリカ          B.1.526
・ カッパ型   2020/10 インド      7   19 B.1.617.1
・ ラムダ型   2020/12 ペルー           C.37
・ ミュー型   2021/01 コロンビア        2 B.1.62.1

その他の変異株

・ イプシロン型 2020/03 アメリカ          B.1.427/B.1.429
・ ゼータ型                      P.2
・ シータ型   2021/01 フィリピン         P.3
・        2021/01 複数の国で         R.1
・        2021/01 タイ・エジプト      1 C.36.3
・        2020/11 インドネシア        B.1.466.2
・        2021/01 複数の国で         B.1.1.318
・        2020/11 複数の国で         B.1.2.519
・        2020/11 複数の国で         B.1.1.523
・        2020/05 複数の国で         B.1.619
・        2020/11 複数の国で         B.1.620
・        2021/05 南アフリカ         C.1.2


《 各国の変異型別の推移 》

URL : https://covariants.org/per-country


《 デルタ型に対するワクチンの予防効果他 》

         1回接種後  2回接種後
ファイザー製   35.6%   88.0%
アストラゼネカ製 30.0%   67.0%

2021/07の状況   感染予防効果 入院防止効果
ファイザー製   42%    75%
モデルナ製    76%    81%

最近東京でも高齢者の感染事例が増加している様です。
高齢者への接種開始は 2021/04/12 なので未だ効果が失われるには早過ぎる。
ファイザー製は当初言われていたよりも効果が薄いのかもしれませんね。
接種を開始した時期をはじめ対象の置き方もバラバラですからアストラゼネカ製も含めてまだその効果を見定めるには時期尚早なのでしょう。


共通テーマ:日記・雑感

新型コロナワクチンの接種をして来ました [睡夢庵 日々徒然]

【 新型コロナワクチンの接種をして来ました 】

9月2日初回のワクチン接種を受け、1週間経過しました。 第二回目は9月23日・・・昨日は家族が受けて来ましたが、やはり全員注射個所の痛みと硬化により腕が挙がり辛くなっています。 それ以外には異常は無いようです。

9月末辺りから11月にかけて猖獗地域へ出かけなければならない可能性が出てきたのでワクチンの予約をしようとしていたのですが、8月初旬迄に予約が取れなかったので、代替手段として別にイベルメクトールを飲んでみています。

所が8月下旬に入って9月初旬分の予約が始まり、運よく9月2日の17時以降で予約が取れたのですが、そのすぐ後に猖獗地域へ出かける必要がなくなって(^^;)

元々はワクチンの接種効果に対する評価が定まってから接種をしようと思っていたのですが、65歳以上の接種率が90%に達しようとしていますのでこれは受けておかなければ拙いか(^^;)>で、キャンセルせずに受けてみる事にしました。

会場は体育館の大ホールみたいな所、15分ぐらい前に会場について手続きをしたところ13番目。

<予約は 17:00-16:00>

= 09/02 =
・ 16:45 受付手続き開始(以下各項目別要員で行われる)
    ・ 書類が揃っているかと本人確認(要免許証/マイナンバーカード)
    ・ 予診票記載内容確認
    ・ 看護師による予診票記載内容確認
    ・ 医師による問診
      (アレルギー及び常用薬に忌避薬が含まれないかの質問をした)
・ 17:10 ワクチン接種
・ 17:25 接種後15分間の様子見
      私の居た時間枠に40人近くが来たが、20代と思われる男性
      1名が気分が悪くなり別区画に補助されて移動した。
      やはり短時間で副反応が出る方が結構な率でいる様だ。

・ 19:50 買い物をして帰宅
      注射箇所に強張りを感じ、腕を動かすと引っ張られる様な感覚と
      軽い鈍痛が出る。
・ 20:30 腕を少し動かすだけで注射箇所に強張りと鈍痛が出る。
・ 21:40 静止状態でも注射箇所に強張りを感じ、動かすと打撲に似た鈍痛を
      感じる。
・ 01:54 トイレ起きの後寝ようとして左を下にすると痛みを感じる。
      就寝時には感じなかったので状況は悪化か。
・ 05:30 起床時腕を動かすだけで鈍痛が出るようになる。
      下から45°迄腕を上げると注射箇所に突っ張りと痛みが出る。
      体表温度  左肩接種箇所  33.4℃   10cm下  31.8℃
            右肩同一部位  32.8℃   10cm下  32.0℃
      コミナティ筋注の場合 0.3ml を注射しているので致し方なしか。
      触診では注射箇所が3㎝方形位硬化し塊が出来腫れている感じが
      ある。
・ 12:00 三角筋下部に向かって触れて腫れと痛みを感じる範囲が5cm *
      10cm 位に拡大して来た。
      水平より上に上げようとすると抵抗が大きく肘が伸ばし辛く
      なっている。
      体表温度  左肩接種箇所  33.8℃   10cm下  33.4℃
            右肩同一部位  34.8℃   10cm下  33.4℃
= 09/03 =
・ 14:00 腕を動かした際の痛みが軽減し始めた。
      終日これ以外には変化を感じず。
= 09/04 =
・ 22:00 三角筋の腫れ/しこりが軟化し始めた。
・ 00:02 就床時左肩を下にしても痛みを感じず。
・ 06:30 起床時の採温時 37.01℃、通常より 0.5℃+高い。
      腕を動かしてもツッパリ感は未だあるが痛みは消えた。
      体表温度  左肩接種箇所  33.6℃   10cm下  32.6℃
            右肩同一部位  33.6℃   10cm下  32.4℃
・ 17:40 頭の中で小さくピーピー、チャラチャラという電子機器の高周波
      ノイズの様な音がし始めた。 アレルギーの時とはノイズの
      種類が違うが・・・これも副反応? 雷が鳴り始めたので気圧?
      腕のツッパリ感もほぼ消えたが、まだ注射をした部分のしこりは
      残っている。
= 09/06 =
・ 06:00 注射をした箇所にはしこりはあるものの押さえても痛みはない。
= 09/07 =
・ 06:00 注射箇所のしこりも消えた

ここ15年以上歯科以外は耳鼻科とB型肝炎絡みでの検査、大腸検査、健康診断で病院に行った位で、インフルエンザを始めワクチンの接種もした記憶がないのでこれが三角筋にする筋注の異常反応かどうか判断が出来ませんが(^^;)
今のところ接種部の痛みと腫れ以外には特に異常は出ていない様ですし、アレルギー対症用のパブロンやサプリ類の摂取による問題も出ていません。

接種日の夜からのE80によるバイタルサイン計測結果

         体温  呼吸数  心拍数  血圧   SpO2
2021/09/02 16:00  36.2   17    85   134/83  98
      17:00  36.4   19    94   137/85  98
      18:00  36.8   14    71   126/80  98
      19:00  36.5   18    89   132/83  98
      20:00  36.7   19    85   131/82  98
      21:00  36.8   17    84   132/81  98
      22:00  36.6   17    85   132/82  98
      23:00  36.7   16    81   132/81  98
2021/09/03 00:00  36.6   17    85   131/84  98
      01:00  36.4   17    81   129/82  98
      02:00  36.4   16    79   131/80  98
      03:00  36.4   16    81   132/81  98
      04:00  36.4   14    72   128/80  98
      05:00  36.3   15    75   127/80  98
      06:00  36.5   18    87   133/83  98
      07:00  36.8   16    80   128/81  98

      12:00  36.8   17    83   131/83  98
      14:00  36.7   16    77   127/80  98
      16:00  36.4   13    68   124/77  98

2021/09/03   36.3-36.8 13-19 62-94  124/77-135/85 96-98
2021/09/04   36.4-36.9 12-20 62-100 122/77-138/87 96-98
2021/09/05   36.1-36.9 13-23 67-114 127/78-144/90 97-98
2021/09/06   36.3-36.8 12-19 70-92  124/74-135/83 97-98
2021/09/07   36.3-36.8 13-24 65-116 126/77-147/93 95-98

上記の様に全項目特に異常は出ていない。

----------------------------------------------------------------------

【 9月度 Windows Update まだ掛かりません 】

Windows 10 は 8月度の追加更新が今日朝掛かりました。

・ KB4023057 2021-08 x64 ベースシステム用
   Windows 10 Version 20H2 更新プログラム

これはあっと言う間に終わり、再起動も掛からずでした。

いつになったら Windows 21H1 に出来るのかが分からない。 色々サービスを弄っていますので、最後まで出来ない可能性が・・・
21H1 への更新は Windows Insider Program に参加し、デバイスチェックをオープンにしていなければ出来ないとすれば・・・

----------------------------------------------------------------------

【 新型コロナワクチン接種による死者 】

《 米国の状況 》

以下は National Vaccine Infomation Center というサイトで COVID-19 による死者数と各メーカー別の死者数を検索してみた結果です。
集計だけでなく、事象1件ごとに記録がありますので、ある程度の詳細状況も知る事が可能です。

VAERS 【略】=Vaccine Adverse Event Reporting System《米》ワクチン有害事象報告制度

National Vaccine Information Center ホームページ

URL : https://medalerts.org/            Search Now で下に

URL : https://medalerts.org/vaersdb/index.php   VAERS Database検索
   ここで項目、メーカー等の条件を設定して検索が可能です。

以下は条件設定による検索結果で接種開始から 2021/05/07 迄の集計値は

            2021/05/07 迄   08/20迄
Pfizer/Biontech      1,815      9,470
Moderba          1,925      3,360

となっています。

総接種回数が分かりませんので死亡率は出ませんが・・・

《 日本の状況 》

ワクチン接種後死亡した人数(因果関係確定はゼロ)

                    2021/08/08時点
Pfizer/Biontech    19.6人/100万人    991件
Moderba         1.2人/100万人     11件
合計死者数                 1002人

心筋炎/心膜炎の疑いによる死者数

            2021/08/08
Pfizer/Biontech    55人:1.1人/100万人
Moderba        13人:1.4人/100万人


共通テーマ:日記・雑感

Windows 10 8月分追加更新と Windows 11 について [睡夢庵の電脳環境]

【 Windows 10 8月分追加更新と Windows 11 について 】

先々月?の更新からか「設定」の「セキュリティ」の中に「Windows Insider Program」という項目が追加されましたが、どうもデバイスの診断を有効にしてインサイダープログラムに参加しないと今後の新たなメジャーリリースを受ける事が出来ない様です。

Windows 11 のインストール可否チェックのプログラムが新たにリリースされた様ですが、インサイダープログラムに登録していないとしてこれも接続を拒否されました。
まぁ、Windows 11 に関してはそのサポートCPUにこのPCのCPU“Intel(R) Core(TM) i7-7700”が含まれていない事がはっきりしましたので、このPCは10のままで行く以外にはありません。

Windows 11 でサポートされるCPU

URL : https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows-hardware/design/minimum/supported/windows-11-supported-intel-processors

Windows 10 21H1でサポートされるCPU

URL : https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows-hardware/design/minimum/supported/windows-10-21h1-supported-intel-processors

私のPCは i7-7700 ですので、21H1 はサポートされるはずなのですが未だダウンロードが可能になりません。

インサイダープログラムには参加していませんし、XBOX 系を始めとして Microsoft のサーバーとの接続が必須と思われるサービスを止めていますし、デバイスチェックも殺していますので待っていてもダメなのかもしれません。
だけど・・・どこを戻せば標準状態になるのかが弄り過ぎてもう分からない(^^;)

インサイダープログラムもプリビューのインストールが無条件にされるのであれば願い下げですので、Windows10 も 当面 20H2 のままで使い続けるしかなさそうです。

Windows8.1 の Let's Note MX3 は ESET Internet Seculity の現行バージョンへのサポートが続く限りそのままで使います。

これは出掛けた際の文書類の確認用とプロバイダー・メール送受専用で、かつテキストメールとしてしか送受信しない設定になっていますので、ESET Internet Sculity のサポートがあればOSのサポートが切れても使い続けても問題は起きないはずです。

こちらがダメになっても Windows 10 側にも同じアプリがインストールしてあり、プログラムを含めて同期を取ってあるので、Windows 8.1 側がダメになっても前日分から Windows 10 上で動作が可能なので・・・

それと Windows 11 ではいま使っているアプリが果たしてそのまま使えるのかといった問題も起きてくるのではないか?です。

基本的に Edge を含む Microsoft お仕着せのソフトやアプリは使っていませんし、自身にとって使いやすいシェアウェアやフリーウェアを多用していますので・・・
なので、Windows 11 に関してはその評価が定まるまでお預け。 それに新しくハードを購入せねばなりませんしね。


さて、9月2日またオプションで前月分の名称で新しい更新が掛かっています。

・ KB5005101 2021-08 x64 ベース システム用
        Windows 10 Version 20H2 の累積更新プログラム

  ダウンロード開始から再起動完了迄14分掛かる結構大きな差し替えの
  様です。

ここ2日ばかりアンダーグラウンドでのアップデートが掛かり、過去に出たトラブルが再発し3度再起動を強いられました。

1. 文字入力中にアップデートが掛かった為か文字が制御コードに
  変換される様でEMIの入力エラーでブザーが鳴り入力出来ない。

2. 2画面表示の第1画面が突然砂嵐状態になり2~3秒後多分リドローが
  掛かるまでこの状態が続く。

この2つはここの所出ていなかったのですが、このせいで1昨日から今日に掛けて3度ファイルを複数クローズして再起動する羽目になりました。


共通テーマ:日記・雑感
前の3件 | -